ハッキングからあなたのウェブカメラを保護する方法?


ハッキングからあなたのウェブカメラを保護する方法?

ウェブカメラにテープを貼るのではなく、以下の対策に従って不要なスパイを停止することをお勧めします。


  • カメラカバーを使用する
  • マルウェア対策ツールを使用する
  • 不審なリンクをクリックしないでください
  • OSセキュリティパッチの更新
  • OSファイアウォールをオンにする
  • PureVPNの256ビット暗号化を使用する

ハッキングからウェブカメラを保護し、リストされている各対策の詳細を取得するには、この徹底的なガイドをお読みください.

ハッキングされたアイコンからのウェブカメラの保護方法

ウェブカメラスパイの危険性

プロのハッカーは、プライバシーを侵害して活動をスパイしたり、個人データを盗んだりする侵入的な方法を考案することに長けています.

特に設計されたマルウェア

これらは卑劣な悪意のあるツールであり、ハッカーが望んでいるあらゆるタイプの目的を果たすために、さまざまな方法で設計できます。一部は主にウェブカメラまたはマイクのセキュリティ脆弱性を悪用するために設計されています.

そのようなケースの1つは、24歳のスウェーデンのハッカーによって開発されたRATマルウェアです。マルウェアは最終的に50万台を超えるデバイスに感染しました。それとは別に、カナダの研究所は、同様のマルウェアを使用した国家レベルのスパイ活動に関与している21か国のリストを明らかにしました.

2016年、新しいタイプの脅威がデリラに導入され、特にビジネスセクターを標的にしています。悪意のあるツールを使用して、企業のウェブカメラフィードや脅迫の従業員、さらには会社全体にアクセスしました.

さらに、2017年、WikiLeaksは、政府がスマートTVのWebカメラを含む家電製品の利用に忙しかった(そして現在もそうである)方法に関する一連の機密文書を公開しました.

ブラウザの権限

ウェブカメラのスパイは、マルウェア攻撃に限定されません。一部のWebサイトでは、カメラへのアクセスを含むさまざまな権限を求めています。通常、ブラウザーは確認を求めますが、ほとんどのユーザーはそれを無視して「はい」または「はい」をクリックします。

すべてのウェブサイト、特にウェブカメラにアクセスするビジネスがないウェブサイトは信頼できるとは限りません。最も重要なのは、SSL保護さえされていないWebカメラへのWebサイトアクセスを許可することにより、プライバシーを大きなリスクにさらすことです。.

アプリの権限

ブラウザと同じように、モバイルアプリケーションも権限を要求します。上記の場合と同様に、すべてのアプリがウェブカメラへのアクセスを必要とするわけではありませんが、それでも許可を求めます。信頼できないアプリやサードパーティストアからダウンロードしたアプリは許可しないでください.

ウェブカメラ保護のために取ることができる効果的な対策

カメラカバーを使用する

本の中で最も古いトリックですが、すべての中で最も効果的です。人々はこれを長い間使用しているかもしれませんが、マークザッカーバーグのラップトップの写真が口コミで広まったとき、その慣習は勢いを増しました。事件後、ますます多くのユーザーが紙やテープでカムを覆い始めました。しかし、今まさにこの目的のために店頭で入手可能なカムカバーがあります.

マルウェア対策ツールを使用する

マルウェア攻撃がどれほど致命的な可能性があるかを理解したところで、マルウェア対策ツールをインストールして使用することが重要です。それに止まらないでください。また、ツールのウイルス定義を最新の状態に保ち、デバイスを定期的にスキャンして脆弱性を検出して削除する必要があります.

不審なリンクをクリックしないでください

再考せずにメールの添付ファイルをダウンロードすることは、何度も何度もかなり危険であることが証明されています。フィッシングメールは、ハッカーが人々を詐欺し、スパイし、身元を盗むための有効な手段でした。実際、これらの電子メールはWebカメラのハッキングにつながる可能性もあります。ハッカーはリンクをクリックするだけで済み、残りはハッカーのなすがままです。そのため、疑わしいと思われる添付ファイルやリンク、または不明な送信者から送信されたリンクをクリックしないでください。.

OSセキュリティパッチの更新

セキュリティパッチの重要性はしばしば軽視されます。実際、それはシステムの脆弱性であり、ハッカーがデバイスに不正にアクセスして、好きなことを簡単に実行できるようにします。正直なところ、OSのセキュリティの脆弱性は、デバイスまたはネットワークを危険にさらそうとするときにハッカーが探す最初の側面です。したがって、OSパッチ、特にセキュリティパッチを最新の状態に保つことをお勧めします.

OSファイアウォールをオンにする

ファイアウォールの目的は、すべての着信および発信トラフィックを監視し、どの接続をブロックするかを制御することにより、不正アクセスからネットワークを保護することです。不明な理由でファイアウォールが無効になっている場合は、ファイアウォールをオンにしてそのままにし、最大限の保護を確保します.

PureVPNの256ビット暗号化は、可能な限り最高のセキュリティを保証します

上記のヒントは、潜在的なウェブカメラのハッキングやスパイからある程度あなたを救うかもしれません。ただし、前述したように、熟練したハッカーは障害への取り組み方を知っています。 Webカメラがハッキングの試みに対して安全であり続けることを保証する唯一の理想的な方法はVPNサービスです.

ハッキングからウェブカメラを保護する方法についての長いガイドは必要ありません。あなたがする必要があるのは、PureVPNにサブスクライブし、デバイスにダウンロードして、完全な保護を楽しむことです.

安全なVPNサーバーを介してインターネットに接続すると、すべての通信またはデータが暗号化されます。したがって、サイバー犯罪者がデータに侵入しようとしても、報酬として意味不明なものしか得られません。.

暗号化とは別に、実際のIPアドレスを偽装して、不要なストーカー(ハッカー)を野生のガチョウ追跡に投げ捨てることができます。.

PureVPNを使用して、安全で安全なビデオ会話とインターネットサーフィンをお楽しみください.

オンラインのプライバシーを取り戻したいですか?以下のガイドを確認してください。

Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map