プライバシーの権利とは何ですか?


プライバシーの権利とは?

アメリカ合衆国の憲法は、特定の基本的権利を提供しています。これらの権利は、個人に対して拒否された場合、平等の保護に違反します。事業体がプライバシーの権利を侵害する場合、その事業は説得力のある利益を保護するために必要であったことを示さなければなりません.


プライバシー権は、個人のプライバシーを脅かす政府および私的な行動を抑制するためのさまざまな法的伝統の要素です。 150以上の国の憲法がプライバシーの権利について言及している.

デジタル時代において、データは私たちの日常生活において大きな役割を果たしています。オンラインショッピング、他のユーザーとのファイルの共有、ソーシャルフィードの更新など、さまざまな方法で存在します。 2013年に、エドワードスノーデンは大量の政府による監視プログラムの体制を開き、今日でも展開している世界的な会話を開きました.

個人に与えられる他の多くの権利の中で、最初の権利はプライバシーに対する権利です。したがって、憲法第9条と第14条は、憲法に権利が明記されていなくても、国民が権利を有していないことを意味するものではないことに注意してください。したがって、米国の裁判所はその推論に従いました.

プライバシー権は基本的な権利と見なされます。一定の基本的権利は憲法の下で保護されています。したがって、それらが一部の人々に与えられ、他の人々には与えられない場合、それは憲法違反です.

プライバシー権

プライバシーの権利が重要な理由?

プライバシーに対する権利は、個人や出身地に関係なく、各個人の基本的な権利です。プライバシーがなければ、セキュリティはありません。安全がないとき、私たちは皆、混乱と絶え間ない脅威のある世界に住んでいます.

プライバシーは、解説者や裁判所が除外するものよりもはるかに重要です。プライバシーは権力に制限を課し、周囲の人々を尊重し、適切な社会的境界を維持し、思想や言論の自由を与え、最も重要なことは、そうです、あなたは安全だという信頼です.

プライバシーに対する憲法上の権利

プライバシーの権利は、プロセスがオンラインに移行した時代に生きているため、情報技術と自然に関連しています。最高裁判所の元准裁ルイ・ブランダイスは書いています,

"発見と発明により、政府は、棚を張るよりもはるかに効果的な方法で、クローゼットでささやかれていることを法廷で開示することを可能にしました."

米国憲法にはプライバシー権が明示的に含まれていませんが、最高裁判所は憲法が間接的に憲法修正第1条、第3条、第4条、および第5条の改正によるプライバシーの侵害を認めていると認定しました。.

プライバシーの権利は、米国憲法修正第4条で言及されています。,

不当な捜査や差し押さえに対して、人々が家、家、書類、および影響において安全であるという人々の権利は侵害されないものとし、いかなる令状も発行しないものとしますが、誓約または肯定によって支持され、特に説明捜索される場所、押収される人や物

-米国憲法の4番目の改正-プライバシー権-ウィキペディア

個人情報保護

2018年に英国で可決された個人データ保護法は、英国の一般データ保護規則(GDPR)の実施であり、組織、企業、または政府による個人情報の使用方法を管理するためのステップです。.

これはオンラインのプライバシーを保護するための重要なステップですが、ユーザーとして、ウェブに何をアップロードするかを確認するのはあなたの責任であることを認識することが不可欠です。日常生活の重要な詳細をオンラインで更新し続けると、プライバシーの概念は問題から除外されます.

オンラインプライバシーとGDPR

オンラインプライバシーとGDPRには多くの共通点があります。オンラインプライバシーが導入されていないと、GDPRはその目的を達成できません。ユーザーの個人データの収集と使用に責任を負う団体として、「データ保護の原則」と呼ばれる厳格なルールがあり、従う必要があります。

  • データは、公正、合法的、かつ透過的に使用する必要があります
  • データは明記された目的で使用する必要があり、目的を明示する
  • データは本来の目的にのみ使用する必要があります
  • データは正確で最新でなければなりません
  • 最も重要なこととして、データは、違法または無許可の処理、アクセス、損失、破壊、または損傷に対する保護を含む、適切なセキュリティを確保する方法で処理する必要があります

プライバシー保護の民法

米国では、根本的なデータプライバシー法はありません。代わりに、米国はデータプライバシーに対する州ごとのアプローチに従います。実際のところ、米国は政府の介入だけではなく、「立法、規制、自主規制の組み合わせ」に依存しています。.

米国では、最も顕著な国内法には、1974年プライバシー法、1980年プライバシー保護法、児童オンラインプライバシー保護法、電子通信プライバシー法、およびサイバーインテリジェンス共有保護法が含まれます。.

公表の権利

「パブリシティ権」は、個人の名前の悪用/詐欺、場合によっては個人的な利益のための個人的アイデンティティのその他の印象を防ぐ知的財産権の一種です。.

残念なことに、米国では、連邦レベルでの判決や判例法によって、公表の権利はまだ認められていません。ただし、広報の権利は、50の州の過半数で規制や判例法によって認められています。.

宣伝の権利は、名前、ニックネーム、仮名、声、署名、肖像、写真、アイデンティティやペルソナの他の指標など、いくつかの個人的な特性にまで広がる可能性があります。ただし、次の問題については、州によって食い違いがあります。

  1. 権利が死後も存続するかどうか、もしそうであれば、どれだけの期間.
  2. 宣伝の権利が継承可能(継承可能)かつ譲渡可能かどうか.

-米国憲法の4番目の改正-プライバシー権-ウィキペディア

公表の権利は完全には行使されませんが、プライバシーはあなたの手にあることを理解することが重要です。展示するほど、非公開になります.

製品

  • Windows VPN
  • Mac VPN
  • Android VPN
  • iOS VPN
  • Chrome拡張機能
  • Firefox拡張機能
  • ルーターVPN
  • コディアドオン
  • Android TV VPN
  • Firestick TV VPN
  • DDWRTアプレット
  • LinuxのVPN
  • 専用IP VPN
  • ゲームVPN
  • ポート転送
  • ビジネスVPN

ツール

  • 私のIPとは
  • DNSリークテスト
  • IPv6リークテスト
  • WebRTCリークテスト

もっと詳しく知る

  • PureVPNを選ぶ理由
  • Wifi VPN
  • VPNとは
  • 安全なVPN
  • 匿名VPN

ほとんどの訪問者

  • VPNを購入
  • USA VPN
  • 英国のVPN
  • OpenVPN
  • ディズニープラスVPN
  • VPNセール
  • Netflix VPN
  • VPNをダウンロード

PureVPNについて

  • 私たちに関しては
  • プレスルーム
  • PureVPNレビュー
  • ブログ
  • 学生割引
  • ログは認証されていません

助けて

  • サポートセンター
  • 私達に電子メールを送り

パートナー

  • 友達を紹介する
  • VPNアフィリエイトプログラム
  • リセラーになる
  • 開発者(API)
  • バグ報奨金プログラム

言語: 英語

  • フランス語
  • 英語
  • トルコ人
  • عربى
  • ドイツ語
  • イタリアーノ
  • オランダ
  • ไทย
  • ポルトガル語
  • スベンスカ
  • ダンスク
  • スペイン語
  • ロシア
  • 韓国語
  • 研磨
  • フィンランド人

私達と接続

DMCA.com保護ステータス ©2007-2020 PureVPN All Rights Reserved会社登録番号:1544568

  • 個人情報保護方針
  • 返金について
  • アフィリエイトポリシー
  • 利用規約
  • サイトマップ
Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map